HOME > 会長あいさつ

会長あいさつ


会長 村田 弘志

長野西ロータリークラブは、創立以来33年を経過し、ロータリークラブとしても成熟した大人のクラブになりました。今年度も初代中山会長以来、歴代会長が提唱されてきました「明朗にして品位あるクラブ」の合言葉を忘れずにクラブ運営をしてまいります。
平成の時代、私達を取り巻く社会環境は大きく変化をしました。ロータリークラブも同様です。ロータリークラブの創立者ポールハリスは、「世界は絶えず変化しています。(中略)ロータリーの物語は何度も何度も書き換えなければならないでしょう。」と述べています。ロータリークラブを取りまく環境が変わり、新しい時代に長野西ロータリークラブも変わらなくてはなりません。クラブの魅力を高めて会員減少を食い止め、クラブの活力を取り戻すことが今求められています。
RI第2600地区の古川ガバナーは、地区標語「ロータリーの魅力を広げよう」を掲げ、「ロータリーは素晴らしい団体です。素晴らしい人たちの集まりです。」と述べられました。長野西ロータリークラブも新しい素晴らしいメンバーを集めてクラブの魅力を高め、社会の人々に私達の活動を知ってもらうことです。そこから長野西ロータリークラブの新しい物語を始めましょう。

今年度の重点目標は次のとおりです。

1.クラブの活性化のために会員増強に取り組みます。
2.クラブの将来を見据えた戦略計画を立案します。
3.ロータリークラブの公共イメージ向上に取り組みます。
4.IM・会員セミナーの成功に努めます。
5.会員・家族の親睦活動を進めます。
6.マイロータリー登録100%を目指します。

目標達成のため会員皆様のご協力をお願いいたします。


▲ページトップに戻る